カロバイプラスで副作用はでない?高校生が飲んでも大丈夫な成分なの?

カロバイプラスというダイエットサプリが話題になっていますが、この類のダイエットサプリは副作用が出る事もあり、成分の安全性についてはとても気になりますよね。また、中高生の間でもダイエットは流行していますし、親御さんの立場からしてもダイエットサプリは安全なのかという事は特に気になるかと思います。

どんな成分が入っているのかしっかり確認した上で使用したいですよね。カロバイプラスには【どのような成分が入っているのか】、【副作用が起きる事はないのか】、【安全性は高いのか】について調べてみました。

ツイッターでもこのようにカロバイプラスの副作用を心配してるけど、痩せたいから頼んだという人もいるようなので副作用について知っておいたほうがいいかと思います。

カロバイプラスを飲んだ人は副作用を感じている?

カロバイプラスは朝の空腹時にサプリを6錠も飲むので飲んでから吐き気を感じてしまう人がいるというツイートをしている方が見つかりました。でもこの吐き気の解消方法があるようです。

副作用を感じない飲み方はある??

カロバイプラスを飲んで時間が経過すると少し気持ち悪くなってしまうようです。しかしこれは何も食べていなかった場合に吐き気がする人が多いようです。

この解消方法としてカロバイプラスを飲んでから30分後くらいにしっかりご飯を食べるということです。

こうする事で胃の中にはカロバイプラスとご飯が入っている事になるので吐き気がしなくなります。カロバイプラスは食べるもののカロリーを減らしてくれるサプリなのでご飯は普通通りに食べましょう。

\限定キャンペーンはここだけ/

カロバイプラスの全成分

緑茶抽出物(カテキン)、桑の葉抽出物、亜鉛含有酵母、ビタミン5種類(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ビタミンD)

白インゲン豆抽出物、烏龍茶エキス、ウコンエキス末、セレン含有酵母、キトサン(かに由来)、BCAA粉末、デキストリン、結晶セルロース、アラビアガム、二酸化ケイ素、L-カルニチン酒石酸塩、ステアリン酸カルシウム、パントテン酸カルシウム

カロバイプラスの全成分は上記のようなものが入っています。カロバイプラスは入っている成分的にハーブサプリメントに部類されます。ハーブサプリメントは名前の通り自然からできているイメージが強いので安全だと思いがちです。実態はどうなのででょうか?それぞれがどのような成分で、安全性はどうなのかを個別に解説します。

カロバイプラスの主な成分

別名緑茶エキスとも呼ばれており、ダイエットサプリの原料として幅広く使われています。しかし、海外では高濃度の緑茶エキスを大量に摂取する事で肝障害が起きてしまったという事例も発表されています。カロバイプラス単体だと緑茶抽出物を摂取し過ぎてしまうという事はありませんが、他のサプリなどと併用した場合には緑茶抽出物を摂取し過ぎてしまう可能性があります。他のサプリと併用する際は十分に気をつけてください。

桑の葉は主に糖尿病対策に使われている成分です。また免疫力を維持したり、活性酸素を除去する効果酸化作用があります。桑の葉抽出物の安全性は非常に高く、漢方薬などで使われているという事も有名です。しかし、安全性が高いからたくさん飲んでいいという訳ではありませんので注意が必要です。

人間の体に必要とされている必須ミネラルに含まれている成分ですが、体内で作り出す事ができず、食事で摂取する事しかできません。亜鉛には抗酸化作用や免疫力向上などの効果があり、人間の成長や発育には必須です。ダイエット中に亜鉛が不足しないようにカロバイプラスには適正な量が配合されています。発汗時に体外に排出しますが、運動を頻繁にする人ほど亜鉛は必要です。つまり、ダイエット中に運動をするのであれば必ず摂取しておいたほうがいい成分です。しかし、摂取し過ぎた場合、鉄や銅の吸収を妨げてしまうので注意が必要です。こちらも他のサプリと合わせて飲む事がある場合は特に気をつける必要があります。

ビタミンは美容にいい成分として有名です。特に美肌にしたいという人はできるだけビタミンを摂取したほうがいいと言われています。コンビニなどでもC1000というビタミンドリンクが販売されておりますので、知っている人が大半だと思います。摂取し過ぎても心配する必要はありません。

\限定キャンペーンはここだけ/